土日の朝がカフェのゴールデンタイム

キャリアハック
ただカフェに行くと混雑に負けてしまいます。

時間帯が大きく左右します。
13時から18時ごろは平日土日かかわらず混雑が予想されます。特に土日の日中は家族連れや待ち合わせと用途が多様化します。この時間帯は避けましょう。

土日は朝、午前中に行きましょう。

混雑はなく、自分だけの時間が過ごしやすいです。
また、
平日は、家に即帰りたい気持ちを抑えて、仕事終わりはカフェに立ち寄りましょう。なぜなら、家に即帰ってしまうと仕事との境目が作れず惰性になってしまうからです。

しかし、カフェに立ち寄り、仕事と家との隔たりを作ることで家に帰った時に惰性でテレビを見たり何となく時間を浪費してしまうのが極端に減らすことが可能です。

とは言っても毎晩カフェに行くコストもかかるので、火曜日水曜日金曜日は行くといった具合にカフェの日を平日は週に2〜3日作るのが現実的です。ぜひ自分時間を取り入れてみてください。

カフェの過ごし方

f:id:sonetaku:20170612113009j:plain
基本的にカフェでは自分が好きなことをしてください。新しい営業戦略を練ったり企画を考えたりするだけでなく、PC作業や趣味のことや家族旅行を調べたりとその時々によって用途に合わせてください。

しかし、いきなり取り掛かるのではなく、コーヒーブレイクしてください。
10分15分好きなだけ一息ついてください。一息つくのがカフェで自分時間を過ごす大きなメリットです。ゆっくりとゆ〜っくりと一息ついてください。正直、平日の仕事終わりの立ち寄りなら一息つくことだけを目的にしてもいいくらいです。時間に追われず焦らずイラつかず一旦リセットする、そんな自分時間の過ごし方はとても充実します。

土日の朝や平日のもうひと頑張りの場合、一息ついてから取り掛かった方が本当に家や会社で残業するよりもよっぽどスムーズに進みます。あっという間に1時間や2時間と過ぎてしまいます。

コーヒーが無くなっても粘るのは大人として考えものです。飲み終わっても作業を続けるのであれば、300円前後ともったい気持ちを抑えてお代わりしましょう。

コーヒーがなくなったら帰るスタンス

f:id:sonetaku:20170612113337j:plain

1時間や2時間頑張ると決めるより、この方が時間に縛られずに自分時間を過ごせます。大きめサイズを注文すると気持ちにも余裕が持てるので、より肩の力を抜いて自分だけの時間を過ごせるようになります。

値段は100円前後と高くなりますが、カップの大きさは2倍3倍となるので飲み干すかどうかは置いといて費用対効果は高い計算になります。コーヒー飲み終わるまでがカフェ時間。大人のマナー、お忘れずに。

続きはまた明日☆

そんなんで、よろV(^_^)V

コメント