残業しないためには定時で帰る人になる

仕事術

働き方改革が始まり、ようやく日本でも残業を減らす動きが始まりました。
しかし、実情は残業をしないで済んでいる人は少ないです。
なぜなら、残業をしたくなくても
周りに遠慮してしまい帰りにくいからです。

自分だけが先に帰ったら申し訳ない。
後ろ指を指されるのではないかと罰が悪い思いをします。

つまり、定時ですぐに帰りたくても勇気が必要なんです。
たとえ、仕事を早く片づけて定時で帰るハウツーを身につけても、
この気まずい気持ちが帰ることを躊躇させます。

定時で帰るのは結構、気まづい
そこで今回は、残業しないで定時で帰る1番良い方法をお伝えします。

定時で帰る人と認知されることです。

f:id:sonetaku:20170802095151j:plain
同僚から、この人は定時でサクッと帰る人だと
認知されてしまえば、何も気にせず、
誰も気にもとめずに定時退社できます。
そのための地位やポジションは必要ありません。
仕事がずば抜けて出来る必要もありません。

方法は、用事を作る

f:id:sonetaku:20170802094845j:plain

会社終わりにどこかへ行くと周囲の人に話しましょう。
たとえば、ジムへ行くでも構いません。
毎週定期的に行くことを同僚に知ってもらいましょう。
そうすると水曜日はジムだから
早く帰ると少しずつ認知され始めます。

1つ1つやるのではなく、毎日用事を作ると効果的です。
その際は、無料体験がオススメです。料理教室に通う。
趣味のコミュニティに参加する。英会話サークル。
という具合に無料でできそうな用事を一気に用意しましょう。

今月からこんなことを始めますと伝えることで、
早く帰っても周りは用があるからだと、
自分改革に目覚めた人だと思ってくれます。

最初は帰る時にちょっとした会話のラリーが続きますが、
2週間も経てば、周りも飽きていちいち構ってきません。
こんな風に用事を作ることで、早く帰る理由がある人。
つまり、”定時で帰る”が定着してきます。

その副次的効用で夜の誘いを断ることも可能です。
「用事があるので行けません」というフレーズが
わざとらしくなくなります。同僚もこの人は用事がある人と
認識しているので断られても「そうだよね」の一言で終わります。

かりにその呑み会で陰口を言われたとしても

f:id:sonetaku:20170802095333j:plain
気にしないようにしましょう。陰口を言うグループは
どこでも何をしてもアラを探して言い合うものです。
だから、いくら頑張って媚を売っても仕方ありません。

自分が悪口を言わないようにすることの方が
周囲との関係を築く上でもっと大切です。

案外、定時で帰るような相手には興味を持たないものです。
用事を理由に定時で帰りましょう。自分の時間を過ごしましょう。
ワークライフバランスのライフを疎かにしてはいけません。
充実させましょう。

そうは言っても3ヶ月も用事を作り続けることはできません。
みなさんそれぞれが身を置く人間関係によりますが
最初の2週間で無料体験をしてどんな感じか掴み、
何か聞かれたらその時の感想をもとに話を作り、
上手にかわしましょう。コスト削減も大切なので
お金もできるだけ使わないようにしましょう。

とにかく定時に帰る人になる。恋人ができたことにする
こういったことが面倒な方は、
恋人ができたことにしましょう。
誰も傷つかない嘘です。恋人ができたので早く帰って連絡を取りたい。

”会いたい”というハッピーな
用事は非常に受け入れやすいです。
恋人ができたことで仕事をスピードアップして
早く終わらせて生産性を上げる。
上司の評価も下がることはなさそうです。
社内に好きな人がいる方以外は使える手なので是非利用してください。

恋人ができたので早く帰ります。
そのために仕事を早く終わらせます。

誰も傷つきません。
気まずい思いで定時で帰れず困っている人は
恋人(仮)を作りましょう。

そんなんで、よろV(^_^)V

コメント