家に帰った後が決めて!「なんとなく」をやって後悔しない

習慣

昔。

なんであんなことにハマっていたのか不思議なことがある。今じゃ絶対やらないのに。

そんなことって俺だけ?じゃないっしょ?

社会人になってから一番後悔しているのは仕事帰りの気晴らし。呑みに行ったり合コンへ行ったり高いレストランへ行ったり。でも、特に、後悔しているのが、家に帰ってテレビを観てしまう自分。マジでくだらない。無駄。

本当にやりたくてやっていたわけではない。ストレスに負けて、意味もなくやっていた。早く寝てしまえば本当によかったと後悔している。だけど、事実、5年くらい前まではよくやってしまった。家に帰ってついつい観たくもないテレビをパッとつけてしまったり、youtubeを観てしまった。本当に観たいわけじゃない。観たい番組はみなおかかリーガルハイくらいで他は何となしに観ていた。

なんとなしに意味もなくやってしまっての夜中の1時。

本当にもったいなかった。

くだらねえ。改善した。

一度やめてしまえば何の感傷もなくなる。ハマっていた理由なんて忘れちまう。そんなもん。でしょ?

夜は脳への刺激はとにかく避ける

f:id:sonetaku:20170830090109j:plain 観たい番組だったら観るべきです。問題は意味もなく、なんとなしに漫然と過ごしてしまう時間です。特に、夜はこうした無駄な刺激は極力避けてください。なぜなら、刺激が入ると脳は活発に動こうとしてしまいます。活性化してしまうと睡眠の質が落ちてしまいます。脳を十分に休ませることができないので、たとえ8時間しっかり寝ても熟睡できていません。いつも朝起きてダルさが残るの理由は夜に脳への刺激を与えてしまっているからです。

意味もなく無駄に刺激を受けて、自分のクオリティを下げるなんてもったいない。でしょ?
しかも俺たちアラサーなんだから、健康にも気をつけないとね。笑

自分を律するためには根性だけじゃなくて環境も

f:id:sonetaku:20170830090302j:plain

毎日、刺激を避けようと避けようと繰り返すことでセルフコントロールができるようになっていきます。健康管理にも使えるね。具体的に、仕事から帰ってきたら意識することは、できる限り文明の利器から少し距離を置くこと。スマホやテレビやパソコン。疲れたからとか言い訳が浮かばないように文明をシカトする。その場その場の行き当たりばったりに流されない環境を作る。これだけをまず頭の片隅に入れておく。そうすれば、環境を作るために部屋を整える。居心地寝心地が良くなる。これが大事。

結果として、夜、意味もなくダラダラと動画やテレビを観ることをだんだん「面倒、くだらねぇ」と思ったら、それはもう我慢ではなく、習慣になった証拠です。クリアー。さよなら、ダサい自分。

夜は刺激を避ける。体力・脳力ともに回復しやすい自分を取り戻す。一度やって、朝の目覚めを体感してみてください。

そんなんで、よろV(^_^)V

コメント