寝る時間を決めれば今日1日がいつも快適

シェアする

 
睡眠時間を常に8時間確保し続けるためには1日の終わりを逆算する必要があります。
この時間までには家に帰って寝る。
逆算して考えると、今までの作業効率や営業活動の質を考え直さなければなりません。今までのように残業などで活動時間を引き延ばすと無駄を省こうという意識が働きません。
集中力は時間に対して一定ではありません。

f:id:sonetaku:20170605172242j:plain

本当なところ、オーバーワークは常に脳力のほとんどの力を使えずにダラダラと時間を浪費してしまっているとお感じなのではないでしょうか。
もったいないです。
面倒に感じるかもしれませんが活動の質を上げるためにはどうしたらいいかと考えましょう。決してつまらないことではありません。仕事を自分ごとに変えることができます。深く深く入り込んだ分だけ成績も上がるはずです。
制限があるからこそ効率、能率が向上する。
そういうものですよね。

 

f:id:sonetaku:20170605172256j:plain

もちろん、努力を否定しているわけではありません。私も頑張ることや努力することが好きです。子どもの頃から空手と勉強と日々頑張ってきました。空手では、比喩ではなく本当に血のにじむ、にじむというよりも血だらけな(笑)努力をしました。勉強も、朝から夜中までやって、大学へ入学し、入学後も授業だけでなく家でも熱心に勉強しました。だから、残業してでも頑張りたい、頑張ろうと一生懸命な気持ち、すごく分かります。しかし、残業は悪です。

家族との時間を過ごしてください。その最大の味方が睡眠です。

f:id:sonetaku:20170605172535j:plain

寝る。から始まる
寝ることからすべての習慣が生まれます。
寝ることで仕事や生活が今までより楽しめます。
ダラダラと過ごし時間とエネルギーを浪費するのではなく、
毎日何時に寝るかを決めましょう。
寝ることから始めましょう。
そんなんで、よろV(^_^)V
コメントの入力は終了しました。