できるリーダーの共通点は、会議の前にあった。「目的とゴール」を事前に共有する

シェアする

できるリーダーの共通点は、会議の前にあった。

「目的とゴールを事前に共有する
f:id:sonetaku:20170904082024j:plain
チームをまとめるリーダー達よ。
優良企業は生産性の高い会議をやっている。
こんなことを聞いたことはないだろうか。

f:id:sonetaku:20171130145428j:plain

 「目的とゴールを事前に共有する

彼らは、会議の内容を事前に会議の目的とゴールを設定し、
参加者に知らせている。行き当たりばったりに会議を開いて、
その場で話し合って解決しようという稚拙な考えはない。
会議こそ質を重視し、事前に準備・共有する姿勢を社内で確立している。
 
彼らは、考える。資料を当日配るなんて遅すぎ。
会議の了承を得たら、その日のうちか遅くても次の日には
資料を回付して目を通してもらっておく。
さらに、
前日には単純にリマインドメールすればいいとは考えない。
アジェンダを作成して、会議内容を順序立てた添付資料も送る。
徹底して、「ただ会議を開いて、そこに集まるだけの
何も生み出されない会議」を嫌う。
事前準備をして会議に臨むことで社内力を上げている。

事前準備のない会議なら獲得目標を下げる

f:id:sonetaku:20170904082054j:plain

かりにもし、事前準備をしないのであれば、
極端にゴール設定を低くするしかない。
その場合、獲得目標を下げて、時間を短くする。
たとえば、次回の会議までにアイデアを考えてきてもらう。
新規事業の課題と周辺情報を共有する。
というように、この場合、準備もなくその場しのぎで解決することを
目指すのをやめて、材料を提供することに舵を切る。
そして、次回の会議を3日以内に設定しスピードを上げ直す。
その際、たとえ参加者が後輩であろうとも
予定を無理に空けさせるのではない。可能な日時を聞く。
もちろん、後回しにせず、その場で日時場所を決める
れらを社内で会議のルールとして共有している。
 f:id:sonetaku:20170904082111j:plain

ただ集まるだけの会議はもうやめにしよう

準備が面倒だし、会議なんて形骸化しているなんて状態では、

会議自体がそもそも意味をなしていない。そうではない。

そんな会議をやっているリーダーは、会議の本質を分かっていない。

会議の価値は、話し合ってアイデアを出し合って解決策を見出すことだ。

それが滞りなくスムーズに行い、

価値を生むために事前準備をして会議の目的と

ゴールを共用することは会議の本来のあるべき姿。

チームをまとめるリーダー達よ。
無駄な会議をしていては社員のモチベーションは
ただ下がるばかりだ。
会議が変われば会社が変わる。
コメントの入力は終了しました。